スポーツ傷害

スポーツでの怪我や痛みに

膝の痛み捻挫、肉離れ、ひざの痛み、つき指、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、など。
スポーツに怪我はつきものですね。

また、成長期にみられるオスグッドやシンスプリントのような症状にも対応いたします。

なるべく早くベストコンディションにもどれますように、
なつめ鍼灸整骨院では適切な施術を行います。

また、さらなるパフォーマンスの向上をはかるため、バランスの悪い方には矯正なども行います。

ご相談ください。

なつめ鍼灸整骨院の スポーツ傷害施術

捻挫、膝痛、肉離れ

当院では痛みの深部に届く特別機器である超音波や鍼などを使います。

もちろん手技マッサージや電気施術も行います。

テーピング固定や包帯固定なども行います。

スポーツ障害・外傷 症例集

枚方市大垣内町にお住まいのYくん 中学二年生 男性の方
10代男性

Yくんはバスケットボール部に入っており、部活に励んでいたのですが、だんだん膝に痛みを感じるようになり、整形外科を受診されました。
シップと痛み止めをもらったのですが、いまいち効果がなかったので、当院へ来られました。

状態をみたときに、すねが盛り上がっていることに気がつきました。
オスグット、成長期の子どもによくある症状なのですが、Yくんの場合、バスケットボールという跳んだりすることの多い競技をされていたということも原因の一つだったようです。

超音波と電気を当て、大腿四頭筋という太ももの筋肉のストレッチを行いました。
それから、テーピングをし、当初は毎日通っていただいた結果、2週間で痛みがほぼ感じなくなりました。

今では部活をしながら、週1回の頻度で施術を行っております。

啓光学園陸上部のHくん 16歳男性の方
10代男性

Hくんは、陸上部の練習で短距離走をしていたら、足のすねが痛くなり病院へ行きました。
病院では、レントゲンで異常はなく、シップと痛み止めが出されただけで、来月に控えた試合に間に合うか不安になったため、当院へ来られました。

足の筋肉が硬く、張りも強かったので、マッサージ治療とテーピングを行いました。
ある程度、炎症がおさまってから鍼治療を行い、練習前にはテーピングをするようにしました。
1ヵ月ほどで痛みも改善し、試合でもいい成績を残すことができました。

枚方市にお住まいのNさん 10代男性の方
10代男性

Nさんは陸上部に所属しており、槍投げの練習中に腰に痛みを感じました。

強い痛みだったため整形外科へ行ったのですが、電気をあてるだけの治療に疑問を感じ、当院へ来られました。

腰の痛みと熱感が強かったので、はじめのうちはアイシングとストレッチをしました。
ストレッチ後にはテーピングをしました。

1週間くらいそれをし、痛みは楽になったのですが、腰の動きがまだ鈍かったし、全国大会も控えているということでしたので、腰の矯正を行いました。
すると、腰が回るようになってきたので、マッサージ治療に切り替えました。

3週間で競技復帰をでき、全国大会では素晴らしい成績を残されました。

枚方市中宮にお住まいのGさん 10代男性の方
10代男性

Gさんはサッカーをしており、いつもドリブルの時に腰が痛むので、当院へ来院さられました。

腰椎の矯正と腰の牽引、マッサージを行ったところ、血行もよくなり、痛みも楽になりました。

今ではドリブルやシュートの時にも痛くならないと喜ばれていました。

枚方市宮之阪にお住まいのBさん 60代男性の方
60代男性

Bさんは、フィットネスジムでエアロビクスをしていたのですが、その最中に誰かに後ろから声をかけられたような気がして後ろを振り向いたところ、足に肉離れを起こしてしまい、転倒しました。
それから、立ち上がろうとしたけれど、立ち上がることができなかったそうです。

足のふくらはぎが内出血を起こしており、歩くことができなかったので、自転車をたちこぎしながら、当院へ来られました。

足に熱感があったので、アイシングと超音波治療を行いました。

1週間で内出血が引いたので、電気治療とマッサージ治療を1ヶ月ほど行いました。
徐々によくなっていき、肉離れの状態も普通の内出血のような状態にまでなりました。

UP